商標登録をするためのSTEP!

商標登録で出願手続きを行う際の手順を把握しておきましょう。 - 商標の申請内容の決め方

アーカイブ

商標の申請内容の決め方

実際に商標登録の手続きを進める前に、他の商標と被りがないかをチェクする事前調査は欠かせない段階になります。
手続きにも手間や費用などのコストは無視できないので、何も確認せずに申請するとあっさり拒否されてその分無駄になってしまうのです。
ただ申請すれば通るという簡単なものではなく、悪質だと判断されればそれをきっかけに損害賠償を払ったりしなければならないかもしれません。
少なくとも区分や名称まで全く同じものがないことを確認できていれば、商標権の侵害に抵触する恐れは低くなります。

商標の最終チェックをしよう

申請書類に記入した商標画像がそのまま登録されるので、最後までビジネスや目的に沿ったデザインやネーミングになっているか、ナンドも見当しなおしておいて損はありません。
最初は文字だけで登録するつもりだったけど、後々ロゴも加えたいとなった時に再度申請の手間がかかってしまいます。

商標の区分を決めよう

ここからがやや複雑になりますが、商標に付随する商品・サービスやその役務・区分を申請時に申告しなければなりません。
登録される商標によっては複数の区分にまたがることになりますが、それを見逃していると本来の使用目的に制限がかけられてしまいます。
まずは、特許情報プラットフォームのウェブサイトにて、申請予定の商品名・サービス名で検索してみて、かぶっているものがないかを確認してみましょう。
似たような商標がすでに存在しても、他の区分・役務で登録するのなら問題ありません。
他にも発音が同じであるかどうか、意匠やロゴはどこまで似通っていてもOKなのかといった、専門家でなければわかりにくいこともあるでしょう。
商標調査を万全にしたいなら、商標登録のプロに依頼すると安心です。

関連する記事

商標登録